弁護士による女性のための離婚無料相談実施中。人生を変えたい女性の強い味方!

静岡・清水の女性のための離婚相談 運営:ミモザ法律事務所 〒424-0816静岡市清水区真砂町6-5ベイタワー清水1階 JR清水駅徒歩5分

お電話予約は054-371-6117 平日9:00~18:00 土日時間外応相談

メール予約 メールでの無料Q&Aはこちら

  • ホーム
  • 当事務所の特徴
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 離婚問題解決のステップ
  • 解決事例
  • 費用
  • アクセス

三船美佳さんと高橋ジョージさんの離婚裁判

報道で知るだけですが、離婚したい妻に対し、夫は離婚したくない、離婚したい理由はモラハラであるが、直ちに婚姻破綻と認定されるような事情が証明されるかは不明、という状況のようです。 _DSC1144.jpg




この件でモラハラ問題が社会に広く認識されるようになりましたが、本当の争点は離婚したいだけで離婚できるか、というところにあるのかも知れません。

(訴訟記録を読んでいるわけでないので、推測です)
 
離婚請求において、離婚原因として婚姻破綻が必要であるということを以前書きました。
どういうことがあれば破綻と決まっているわけでないので、いろいろな事情で婚姻破綻を認めてもらわなければなりません。
仮にモラハラの程度がさほどではなくても、 婚姻破綻を認めてもらうために強調しなければならないという構造にあります。
日常的に暴言を吐くとか、何時間も問い詰めるとか、社会通念を超えた制限を押し付けるとかいうことがあればモラハラを理由に破綻が認められてもおかしくありません。
 
しかし、妻の気持ちとしては実際そういうことがなくても上から目線でずっと言われたということで気持ちが離れ離婚したいという場合もあるわけです。
そういう場合に裁判所は破綻してないから離婚は認めないという判決を出すべきなのでしょうか。

 

おそらく高橋ジョージさんは離婚されて路頭に迷うわけではありません。そして、婚姻というのは一方が嫌だと思えばそれ以上仕方がないものです。

離婚を認めない意味はおそらく最終的に離婚が成立するまでの別居期間を伸ばすという意味しかないでしょう。
そうであれば、裁判所はモラハラでなくても総合的に判断して破綻しているので離婚するという判決を出すのではないでしょうか。
仮にそういう判決が出た場合、その社会的影響はかなり大きいと思います。
 
妻側から離婚したい場合、決定的な理由がなくても離婚できるということが広く知れ渡ることになるからです。
 
 

>>> ミモザ法律事務所の弁護士北嶋が皆様のパートナーとして闘います

事務所について知る

質問・予約する  

相談したいけど・・・  

○事務所紹介 ○メールQ&A ○相談の流れ   ○ミモザの解決事例
○アクセス ○メールで予約 ○弁護士費用 ○お問い合わせ

女性専用無料相談実施中!相談のご予約はこちらから 054-371-6117

 

相談予約受付中 離婚のご相談電話による予約は...054-371-6117 平日9:00~18:00 土日時間外応相談
お問合せフォームはこちら
弁護士に相談メールを送る!24H365日0円
相談表ダウンロード弁護士費用について離婚事件処理方針

サービス案内

CONTENTS

LINK

fblink.jpg   lm.png
ImgLS2_2_2.jpg   男女トラブルでよくある質問
日々,有益な情報をお届けしたいと思います!ミモザ法律事務所 オフィシャルブログミモザ法律事務所
ミモザ法律事務所 女性専用離婚相談サイト
 

OFFICE ミモザ法律事務所 054-371-6117 平日9:00~22:00 土日時間外応相談 JR清水駅徒歩5分 駐車場完備

〒424-0816
静岡市清水区真砂町6-5
ベイタワー清水1階

 

夜間法律相談 平日は22:00まで。

休日法律相談 ご都合に合わせて。

fblink.jpg   lm.png
     
男女トラブルでよくある質問   ImgLS2_2_2.jpg