弁護士による女性のための離婚無料相談実施中。人生を変えたい女性の強い味方!

静岡・清水の女性のための離婚相談 運営:ミモザ法律事務所 〒424-0816静岡市清水区真砂町6-5ベイタワー清水1階 JR清水駅徒歩5分

お電話予約は054-371-6117 平日9:00~18:00 土日時間外応相談

メール予約 メールでの無料Q&Aはこちら

  • ホーム
  • 当事務所の特徴
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 離婚問題解決のステップ
  • 解決事例
  • 費用
  • アクセス

面会交流の真の支援とは

近年、父親が別居している母親が養育している子供との面会交流を求めるケースが増えています。

 

裁判所は 基本的には子供にとって面会交流はした方がよいという立場です。従って、父親が面会交流の申し立てをした場合、認められる可能性が高いといえると思います。頻度は月1回から2回ぐらいが多いと思います。
  _DSC1028.jpg
 
実際に面会交流を進めるとなると、さまざまなやりとりが必要になります。

 

何日にするか、どこで会わせるか、送り迎えはどうするか、病気や行事のときはどうするか・・・

 

離婚後にそういったやりとりをやることに抵抗のない人も多いですが、夫婦関係の破綻過程で夫に対し嫌悪感や恐怖心を持っているという場合、やりとりをしないといけないこと自体が大きな負担になるのではないかと思います。

 

当事務所では事件を受任している間は相手方との一切のやりとりを仲介するようにしていますが、面会交流というのは事件が終わってもずっと続く問題です。
 
支援団体もいくつかありますが、私の知る限りでは静岡市近辺に所在する団体はないようです(出張で対応してくれる団体はいくつかあるようです)。また、支援団体は両親で直接面会交流ができるようになるまでの手助けというスタンスが多いのではないかとます。
 
私は正直言って親権を取った母親側が子供と父親との面会交流に積極的な意義を感じなくてもそれはやむを得ないのではないかと考えています。しかし、面会交流を拒否したことを理由に親権変更が認められるというような判例も出てきていますから、面会交流は避けられないものとして、どう対応するか、ということが問題になると思います。

 

代理人弁護士として、どのように支援ができるか、検討しているところです。
 
 
 

>>> ミモザ法律事務所の弁護士北嶋が皆様のパートナーとして闘います

事務所について知る

質問・予約する  

相談したいけど・・・  

○事務所紹介 ○メールQ&A ○相談の流れ   ○ミモザの解決事例
○アクセス ○メールで予約 ○弁護士費用 ○お問い合わせ

女性専用無料相談実施中!相談のご予約はこちらから 054-371-6117

 

相談予約受付中 離婚のご相談電話による予約は...054-371-6117 平日9:00~18:00 土日時間外応相談
お問合せフォームはこちら
弁護士に相談メールを送る!24H365日0円
相談表ダウンロード弁護士費用について離婚事件処理方針

LINK

fblink.jpg   lm.png
ImgLS2_2_2.jpg   男女トラブルでよくある質問
日々,有益な情報をお届けしたいと思います!ミモザ法律事務所 オフィシャルブログミモザ法律事務所
ミモザ法律事務所 女性専用離婚相談サイト
 

OFFICE ミモザ法律事務所 054-371-6117 平日9:00~22:00 土日時間外応相談 JR清水駅徒歩5分 駐車場完備

〒424-0816
静岡市清水区真砂町6-5
ベイタワー清水1階

 

夜間法律相談 平日は22:00まで。

休日法律相談 ご都合に合わせて。

fblink.jpg   lm.png
     
男女トラブルでよくある質問   ImgLS2_2_2.jpg